SCImates α2は機能を停止しています。

ネット犯罪からこどもたちを守る

ネット犯罪からこどもたちを守るため、国や社会はどのような規制をかけるべきでしょうか?
また、どのような教育・啓蒙をしていくべきだと思いますか?
ご自由にご意見をお書きください。

なお、投稿された記事には「賛成」「反対」を明示して返信できるようになっているので、記事はなるべく賛成と反対を表明しやすい体裁にしてください。

記事と返信

IDが 7 の記事と、それへの返信だけを表示しています。

7性道徳のこと編集 削除

お疲れさまでした。以下、本題。

子どもを守る意識の高い大人を増やしていくしかないんじゃないかな。大人が子どもを「買う」という構造なんだから。
そのためには、子どものうちから性教育の中で「性道徳」を教育する軸足を決めたほうがいいだろうと思う。
日本の教育に欠けているものの一つに、「性道徳」ということは間違いなく含まれていると思う。
何十年もかかるだろうけど、性道徳を学んだ子どもたちが成長して子どもたちを守ることのできる大人になってほしい。

by ふくろう, 2006/12/9 22:58:08

返信
  • 名前:
  • 返信先の記事の内容に賛成反対どちらでもない
  • 本文:

パスワード:


  • 「性道徳を学んだ子どもたちが成長して子どもたちを守ることのできる大人になってほしい。」

    時間がかかることって、大変ですけど一番正しい方法だと思います。
    大賛成です。

    by 岩間祐典, 2006/12/9 23:10:46 編集 削除

  • 補足しようとしてみます。

    道徳というものは、宗教に基盤を置くものでもあると思うのですが、日本人には宗教がないんです。取り上げられてしまったので。
    ○○教で統一しろという話ではなくて、日本が宗教の空白地帯であるがゆえに、道徳の空白が生じている面はあると思うんですね。
    セックスの実技教育は存在しても、セックスの道徳教育が存在しない。児童買春の非を理解できない大人がいる一方で、セックスの何が悪いのか理解していない子どもが野放しになっている。
    子どもを性の対象にしないということは、子どもの心がまだ子どもであるからであって、体だけ大人と同じでも心の未成熟な段階の子どもは性の対象にしてはならない。
    そのことを、現在の大人も子どもも理解できていない気がするんです。

    by ふくろう, 2006/12/9 23:47:48 編集 削除

  • 基本的に賛成なんですが・・・
    「子供を守る意識の高い大人」の一番にあげられるのは親だと思います。
    で、その親がどこまで教えられるかにかかってくるのでしょう。
    今はそういう部分まで学校に求めたりする親が多い。
    まずは親の意識の変化からが大事なような気がします。
    もしかしたら今までの勉強がすべてみたいな教育で肝心な人としての教育が欠けていた部分があってその教育を受けてきた親が今子供を育ててる・・・というようなとこも原因にないとは言えない気がします。

    by maru, 2006/12/9 23:52:15 編集 削除

  • あ、すいません(^^;)
    国の規制の方の板のmaruさんじゃないです(^^;)

    by maru, 2006/12/9 23:57:39 編集 削除

  • だからまず何十年後かの親の意識を変えるべく、現行の教育の枠組みの中で「性道徳」を教えたらどうかと言っているのです。
    この、スレ主の「賛成」「反対」のチェックボックスを解除できるといいんだけど。わたしが書き込むたびに「賛成」が蓄積される構造は不適切だと思う。

    by ふくろう, 2006/12/9 23:59:25 編集 削除

  • 将来的にはそれでいいのかもしれんですけど、”現在”危険に晒されている子供は放置になりますよ。

    by Re, 2006/12/10 14:25:33 編集 削除

  • “現在”危険にさらされている子どもに対しては、どうしたらいいでしょうね。ケースバイケースなので、事案ごとに対応するしかないのかな。
    もっとも問題なのは危険に対して無自覚な子どもが危険に巻き込まれた場合でしょうか。自ら進んで危険を取るようなケースは、事件が起きてから対処するしかなさそうですから。
    すべてのサイトは、出会い系になる可能性を秘めているんですよね。インターネットが不特定多数が相互にコミュニケーションを取るための仕組みでもあるから。不特定多数の素性を確実に特定する方法も、まず作れないだろうと思うんですね。確実に特定できたとしても、不祥事を起す大人なんて毎日いるわけだし、そもそも問題を起すのは子どもではなくて圧倒的に大人なんですよね。

    by ふくろう, 2006/12/10 19:15:03 編集 削除

  • レッテルの張り替えということを考えるんですけど。
    児童買春、児童売春というレッテルが、援助交際というレッテルに変わりましたよね、世間では。買春、売春というよりも、援助交際というのはやわらかく感じられるレッテルなんだろうと思います。
    逆に、異性とのスキンシップのつもりが「セクシュアルハラスメント」(セクハラ)として悪いイメージに寄った例もあると感じます。
    つまり、レッテルというそのものの持つ効果の話なのですが。

    このレッテル張り替えの効果は早いのではないかと思うのですが。看板を架け替えちゃうんですね。
    オタク文化、ひいてはコンピューター文化をオタクが引っ張ってきた面は確かに大きいと思います。その意味で、ビルゲイツ氏はオタクの代表選手といってもいいかもしれません。だけどゲイツ氏は日本からは出てきませんでした。日本から出て来たのは、オタク文化だけみたいな印象です。「変態」という日本語が「hentai」としてそのまま英単語になってしまっているらしい現状は、経済効果は別として、きわめて恥ずべき現象であると思います。「hentai」が指し示す内容は、漫画やアニメーションによるセックス描写です。
    経済効果と引き換えに幼児ポルノを海外に流出するシステムを指して、映像コンテンツの発信国であるなんて、日本人は胸を張ってはいられないんじゃないかと思います。

    ロリータコンプレックス(ロリコン)といえば、児童にコンプレックスを持つ(純情な)大人という意味合いも含むようで、あたかも大人の側がコンプレックスを抱いている弱者であるかのような印象ですが、実態はロリータハラスメントとでもいうべきもので、児童(弱者)にいやがらせを働く大人(強者)のことです。
    要は、現在「ロリコン」(弱者の仮面)と喧伝されているレッテルを「ロリハラ」(強者の素顔)と張り替えてしまったらどうか、ということです。

    by ふくろう, 2006/12/13 20:22:11 編集 削除

おおもとの投稿に賛成の返信は、反対の返信はで表示しています。

記事の一覧に戻る

このページについて