SCImates α2は機能を停止しています。

その他

その他番組をご覧になった感想など、ご自由にお書き下さい。

なお、投稿された記事には「賛成」「反対」を明示して返信できるようになっていますが、この掲示板は「その他」ということであまり気にしないでください。

記事と返信

IDが 69 の記事と、それへの返信だけを表示しています。

69■「21世紀の仮想通貨と豊かなユビキタス日本」編集 削除

■「21世紀の仮想通貨と豊かなユビキタス日本」徳尾裕久 2006・12・8


●NHKの討論テレビを拝見しました。未来の日本を考えるいい番組だと思いました。
●下記は小生が考える近未来の仮想通貨の進化と、格差社会の是正策でもあります。
ご参考になれば幸いです。人類の歴史が変わる、大きな宝を内包している時代です。



●21世紀の未来には明と暗がある。■仮想通貨とトロンとユビキタス社会の実現!

こういうことを確認できるイベントが、12月5日から7日まで東京の有楽町の
国際フォーラム会場で開催されました。小生は12月5日のイベントを見ました。
坂村健東京大学教授の講演も拝聴しました。銀座でもトロンを活用した街づくり
をスタートするとのことで東京都知事の石原慎太郎知事もこられてオープン式が
開催され、小生も開催式典を見ました。トロンの、最初のイベント開催から23
年めの2006年12月の国際イベントです。ぜひ全国・アジア・世界から見学
して欲しいです。日本が21世紀の世界エンジンになることが必ず確信できます。



●日本の未来を見ることができます。オープン社会と世界標準のありかたと格差
...

by 徳尾裕久, 2006/12/12 8:27:37

返信
  • 名前:
  • 返信先の記事の内容に賛成反対どちらでもない
  • 本文:

パスワード:


  • ■「21世紀の日本の●自動車戦略と子宝基金と情報技術進化戦略」徳尾裕久 2007・2・7

    ●日本の少子化で国内の自動車販売台数が激減している。世界一の自動車を作る
    技術の日本は、イニシヤル利益社会からランニング利益社会へ進化して、現場の
    販売員や技術者も終身雇用して総合技術を大事に育てて、自動車をガソリン車か
    ら水素自動車へ変える時です。さらにランニング利益とランニング・ポイントの
    終身記録と仮想通貨の世界市場を作る時です。このランニング・ポイントと仮想
    通過の世界から日本の少子化社会を変えて子宝基金を世界的に作る時です。世界
    に貢献する日本の自動車会社は全社で仮想通貨を作り子宝基金を創設して日本の
    少子化を変え子宝安心社会にして人口を増やし自動車の国内販売も増やす時です。
    自動車開発戦略と社会開発戦略が同期化する時に世界で繁栄する会社になります。



    ●世界最高超先端技術開発力の世界エンジンは日本です。21世紀の中心になる。
    自動車のエンジン・知能化・電子化・燃料の改善などの効率化と安全安心運転の
    制御技術は今までの技術成長路線の線上ではなく、飛躍して「超える」思想から
    無限に生れてくる。30年・20年・10年先から今を見つめる戦略が大切です。
    飲酒運転防止のためにも、自動センサーをハンドルにつけて運転の事前に調べて
    飲酒とわかれば、自動車が停止するような超高感度の自動車もトヨタが生産する。
    手の汗や肌の検査や髪の毛の検査など各種のセンサーを自動車に多種に整備して
    健康管理もでき危険な時には自動的に自動車を停止したり予知が可能になります。



    ●日産・ルノー自動車とGMは提携しない。この教訓から、世界一への戦略よりも
    「ベスト戦略」がいいとゴーン社長はのべている。大いに期待したい戦略である。
    トヨタはエンジン制御にトロンを採用して成功した。制御反応速度が早いからだ。
    車全体の制御回路もトロンだ。日本の携帯電話や家庭電化もトロンの応用製品だ。
    世界的に優れた回路は、世界的な自動車産業や機械産業を盛況にして豊かにする。
    雇用・設備・負債の過剰からスリム化し筋肉体質の日本が本当に強くなる時代だ。



    ●エタノール自動車の未来も明るい。ブラジル・インド・ロシア・中国も主体的
    にさとうきび・とうもろこし・てん菜からできるエタノール燃料を産出している。
    エタノール知能自動車・エタノールを燃料とするハイブリッド・エンジン自動車
    の開発も期待される。世界的に市場は大きい。エコ自動車開発戦略も期待できる。
    中近東の石油からの脱石油戦略で、農業国のエタノール生産は国の富を産み出す。
    さとうきびやとうもろこしの商品相場も上昇し、飼料としての分野から燃料分野
    の需要拡大も進み世界的に価格は上がる可能性が高い。世界経済も安定成長する。



    ●ドイツのBMWが水素自動車を2007年4月に大量生産して世界販売をします。
    日本の全自動車メーカーは、日本政府も予算を計上して支援して、世界最先端の
    世界最高級の水素知能自動車を6ヶ月で開発して、技術格差が広がらないように、
    独自の水素技術を開発して、今こそ世界で前向きに生産し大量販売すべき時です。
    世界では、脱石油の水素戦略が主流になる。世界一の水素知能自動車を開発せよ。



    ●日本では15秒のコマーシャルに3億円はかかります。それならその広告費
    で無料のタクシーを開発して子宝タクシーとして、妊婦やおじいさんやおばあ
    さんの乗車料を無料にして、子宝や、子供や老人保護の車をも開発すべきです。
    高齢化社会における自動車のコンセプト開発で安全・安心の市場は大きくなる。
    眼・耳・鼻・舌・身・意の6感のするどい感覚を支援し保護する車は必要です。



    ●21世紀においては、各地のヤマト運輸や佐川急便の宅急便は、その地域の
    小さな道路も、知り尽くしている。これを各自動車の三次元カメラで撮影して
    おき、全国から、その地域に来る、全ての自動車に、道路情報を自動的に無線
    で交信して相互に販売するシステムを作り有料化ビジネスにすればいいのです。
    そうすれば、安全・安心・無事故自動車が、21世紀には完成していくのです。



    ●日本は脱石油戦略でハイブリッドエンジン搭載のロボット自動車を開発して
    世界で最初の「世界無人化自動車レース」を鈴鹿レース場で開催するべきです。
    また東京から大阪への東海道レースを開催して安全・安心で早く到着するかを
    競い合い、中学・高校・工業高校・高専・大学・メーカーによる世界市民参加
    による、自動安全・安心・無人化自動車の町の中の世界競争をするべき時です。
    21世紀の世界最高の無人化自動車総合技術の開発で日本は必ず世界一になる。



    ●21世紀に肉声対話型の知能自動車の高級車も必ず世界へ普及していきます。
    危険を肉声で察知し、すぐに対応して危険を避ける知能化が進化していきます。
    自動車・自転車・オートバイ・飛行機・船舶・フォークリフトに応用可能です。
    交通事故を未然に防ぎ、駐車違反を事前に防ぎ、危機とリスクの少ない自動車
    が必要になります。肉声を聞き取り、肉声で答えてくれる対話型知能自動車が
    21世紀には世界中で販売されます。高速道路での自動支払機能も義務化され
    て、住宅を中心にしての定点観測から半径30キロメートルの道路事情を全て
    記録して憶え込み、安全自動運転をしてくれる自動車が近未来には登場します。



    ●2006年5月9日、オペルの日本への輸入をGMがしないと発表しています。
    日本の優れた営業マンが、今こそ独立してオペルの専門輸入会社を立ち上げて、
    ネット販売すればいいのです。ヤフーや楽天やライブドアやグーでも活用して
    世界最先端の優れた自動車に育てながら、お客さまの要望と夢と希望をかなえ
    て、世界の超一流の自動車に育てながら、24時間世界中で販売することです。
    日本は世界エンジンになり、円高・株高・景気高・雇用高・開発高になります。
    また、中古自動車の販売がヤフーや楽天やライブドアなどのガレージセールス
    でも可能になり、高級自動車や高級オートバイの中古市場が24時間365日
    も可能になります。世界的な規模で、個人の売買市場が形成されて繁栄します。



    ●21世紀の世界エンジンは日本です。世界最高最先端の水素自動車やハイブ
    リッド自動車を開発して、世界の各国の豊かな市民に喜ばれるようになります。
    21世紀の世界中の自動車には遠赤外線と超マイクロ波の応用で障害物を進行
    先に発見し、自動的に障害物を避ける自動安全運転機能が、必ず完備されます。
    21世紀の世界の自動車は知能化し、知能化の総合技術の進化戦略が重要です。



    ●2006年の日本の総合技術戦略と繁栄のキーワードは「進化と効率」です。

    世界的にその国の技術力はボールベアリングの製造技術に見ることが出来ます。
    日本のボールベアリングは正に世界一です。日本の自動車製造技術の底力です。
    自由人×24時間の地球生活×通信×省エネ×ハイブリッド=近未来自動車です。
    通信電子技術と自動車技術が融合すると、スマートな新デザイン車になります。
    生映像や新情報の対話型知能自動車の開発こそ21世紀自動車の姿になります。
    21世紀は世界生映像市場の開発で全員参加全員利益還元システムが可能です。
    24時間生映像市場開発は同時に無事故自動運転システム開発を可能にします。
    3次元視覚メデイア化と道路生映像貯蓄化で日本無事故システムは完成します。
    ブラジルで効率高いエタノール車も売れる。日本も開発して固有技術を上げよ。
    全世界の自動車の生産総合技術を結集して、進化させることが日本の役割です。



    ●燃料電池開発で日本は世界一になる。21世紀自動車の知能化が進化します。
    太陽発電でも、日本は世界の49%を生産しています。脱石油戦略が大切です。
    世界エネルギーの開発でも、脱石油戦略でも、日本は世界エンジンになります。
    21世紀は、日本の総合技術の環の開発と高度効率化とバランス感覚のよさで
    エネルギー効率は世界一になります。これが日本の世界歴史における特長です。



    ●21世紀は自動車を中心に日本で世界最先端の世界産業構造が形成されます。
    そこから、電子・機械・工作機・飛行機・宇宙・電気通信・石油・繊維・化学・
    製鉄・通信機・計測・塗装・検知器・自動制御・防犯・無事故システム・電子
    ナビ予測などの産業が形成され波及効果が非常に高く、国の技術力を高めます。
    日本の21世紀の国の富はアジア全域の知能自動車産業を中心に形成されます。
    歴史を推進して21世紀型の進化して成長する日本の福祉社会を作る産業です。
    超精密な自動車部品を作る技術は飛行機産業や精密工作機産業にも波及します。



    ●21世紀の未来を「夢見る力のエネルギー」こそ、日本では大切です。
    21世紀の未来を夢見るエネルギーは世界の歴史の進化に一番大切です。
    明るい未来を夢見る力のエネルギーこそ破壊力より世界の宝になります。

    人の豊かな心こそ宝です。
    21世紀を創る宝です。
    無限に生まれる世界の智恵を知能自動車に「集める」時です・・・。


    ●日本全国の自主参加型の自動車30万台に携帯電話と携帯カメラを装備して、
    全国の家庭のパソコンや携帯電話から全国の動く自動車からの生の映像を有料
    で販売すれば、参加した自動車のオーナーにも自動的に貯金が増えるシステム
    を作れます。今すぐに出来ます。携帯電話会社やヤフーやライブドアや楽天や
    、さらに新会社を設立して、全国組織で生の映像を売れるシステムも作れます。
    生映像や新情報の対話型知能自動車の開発こそ21世紀自動車の姿になります。



    ●携帯電話カメラで東京やパリやロンドンの上空を飛んでいる飛行機から見え
    る映像や、北極や南極を越える飛行機からの映像、船から見た太平洋や大西洋
    の映像や、大阪の大阪城の近くを動く自動車からの生の映像や、バイク急便の
    オートバイから見える映像や、ヒマラヤを探検する探検家の今の生の映像等が
    自動車で見れる時代が来ています。携帯電話会社やヤフーやライブドアや楽天
    でも、このような今の貴重な体験が出来る映像を全国販売し参加者全員が貯金
    できるシステムを開発して、庶民の貯金を自動的に増やすことです。成長して
    進化する映像を、世界中の60億人が参加して世界のどの映像も取れるように
    すべきです。世界生映像市場の開発で全員参加利益還元のシステムが可能です。



    ●2015年までに全ての自動車は燃料電池ハイブリッド自動車に切り替わる。
    CO2廃棄ガス濃度ゼロ社会の日本になり世界一の最少消費経済社会が出来る。
    また24時間通信費ゼロの情報ネットワーク・システムも完成して防犯・防災
    ・防火・交通事故防止・監視カメラ・安全カメラが開発されて車に装着される。
    家庭パソコンから自動的に車が写す画像が有料で見れて自動的に金銭も振り込
    まれる自動画像把握システムが完成する。互いに有料画像を24時間得られる。



    ●日本の自動車には相互危機情報連絡センサーと自動ネットワーク機能が付き
    前の車と後続車と自分の車が自動的に道路情報・危機・位置を相互に連絡する。
    車と車が自動的に会話して安全運転する自動運転システムを、日本が開発する。
    道路を歩く子供や老人をセンサーで捉えて車が他の車に教え安全自動運転する。
    航空機を活用し24時間道路監視機構を作り、地球上の全ての人物・車・建物・
    道路・自然を自動記録する。事故と犯罪ゼロを目標に日本の車は行動していく。



    ●日本全国の高速道路での自動改札システムと完全自動無事故運転システムを
    完成する。高速道路の低価格化を推進して、民営化の道路公団を縮小していく。
    3次元デジタル日本地図と3次元画像自動検索エンジンが開発されて、全日本
    規模での安全・防犯・防災・衝突の回避・交通事故のゼロ体制が、構築される。
    21世紀の完全自動車無事故運転システムが、日本で世界最初に完成していく。



    ●自動車の新ナビには教育電子黒板が機能する。すなわち小中高校の全科目や
    国・算・理・社・英・理科図鑑・辞典・入試問題が満載されて教育効果は高い。
    国際的な教育・学習支援のために世界各地の学校で学べる国際電子黒板も作ら
    れて、理科物理教育や英語版教育支援電子黒板でバイリンガル用も開発される。
    世界中の各国で日本語教育ができるように日本語教育用電子黒板も開発される。
    最先端の教育電子黒板が全ての自動車のナビに完備されて通信機能が稼動する。
    業務用電子黒板も開発されて、高度化企業教育のために英会話・国際法・国際
    会計・経営コンサルテイング・起業学等の教育も可能になり経営効率が上がる。
    小中高の義務教育や大学教育や企業教育にも使われる。インターネットとデジ
    タル技術で教育が高度化していくが、自動車のナビもその手段になり進化する。



    ●日本の金利も0.25%に上がりました。世界的にもドル高が続くと、日本
    経済は弱くなります。円高誘導政策の緊張感が必要です。日本政府と日本銀行
    は勝負の時です。輸出産業に強い日本経済を進化させる高金利政策が必要です。
    日本経済に矛盾をかけてより強くしていく矛盾戦略こそ21世紀の解決法です。
    金融政策と経済政策は連動し政策リーダーは矛盾政策を意図的に作るものです。
    自動車の水素エンジン開発でも、そこには矛盾の設計戦略を持つと勝つのです。



    ●1ドル110円時代が来ています。2005年の最大の課題は脱デフレと
    雇用拡大です。豊かな美しく強い日本文化を創ることが経済・政治の改革を
    進化させます。自由で美しい創造力こそが、世界とアジアの平和の原点です。
    21世紀の世界エンジン・日本の知能自動車開発と戦略技術進化で雇用拡大
    の日本戦略を創ることも大切な基軸です。2005年も輝く日本になります。
    21世紀は自動化が進化し意志機能を持つ無事故安全自動車の時代が来ます。



    ●ドル暴落もありえる21世紀です。世界企業として自動車会社は円とドル・
    円とユーロ・円と元・円とルーブルというように危険分散をはかることも大
    切です。1ドル75円から120円までの間でも、各国の子会社で、社内レ
    ートを上手に決めて、1ドル50円や1ドル150円でも利益が出るように、
    世界に危険を分散し、総合的に利益が24時間稼げるように財務戦略をつく
    ることです。為替戦略や商品相場戦略やデリバテブ戦略でも格差を利用する
    ことです。24時間危機対策と為替相場の相関関係をみつつ戦略が必要です。
    円高でも円安でも儲かるシステムを社内で早く作ることです。社内レートは
    三段階に可変的に変動させ一日決算会計で計数管理して対策を作ることです。



    ●脱石油でハイブリッドエンジンを開発進化する日本が世界をリードします。
    世界一安全で安心で、無事故で、スピードも速く、快適な空間と、世界最高
    のオリジナルな美しさをもち、コストも安く、世界一の燃費効率も高いハイ
    ・ブリッド車を世界中で作ることが、日本自動車業界の21世紀の使命です。
    日本文化はかたちの文化。美しい日本的な美しさと夢を、形にすることです。



    ●自動車を進化させる価値進化の法則とはつぎのようなものです。 



    ○○〇〇〇市民文化満足度〇機能○デザイン〇利益〇○自由度〇持続可能性○投資
    価値=夢・技術力×___×__×____×___×___×___×______
    ○○○○○〇〇〇環境負荷〇コスト〇エネルギー〇時間〇リスク〇不正行為○利権



    ●分母は投入エネルギーで、分子は産出エネルギーであり宇宙を循環しています。
    分母を小さく。分子は大きくすること。投入を小さく、産出を大きくするのです。
    これが21世紀を進化させるキーワードで優れた改革と質問力のキーワードです。



    ●21世紀の歴史の価値進化法則は17の要素で決まります。夢は豊かに・技術力・
    コスト・ネルギー消費・時間・環境負荷・リスク・不正行為・利権は小さく、機能・
    デザイン・利益・自由度・市民文化満足度・持続可能性・投資・全体の最適解決力
    が高ければ自動車は改善・改革されて企業は繁栄します。不祥事を起こす企業ほど
    古い価値観で固まり自縄自縛で自滅します。意識を時代の最先端にあわすことです。
    企業の成長進化曲線を計画し、市場の要求を先取りし、改善改革し続けることです。



    ●21世紀の歴史の大河の流れを見抜く時です。自動車の進化軸の戦略が大切です。
    自動車の進化とは、これらのキーワードを変化させる時にこそ、無限に生まれます。
    矛盾問題はこれらのキーワードに現れます。矛盾を見抜き新しく作るのが改革です。
    自動車企業でも、この視点で生産と営業の現地・現場・現品の改革をやることです。




    ●ユビキタス社会では、ハイブリッド・エンジンの自動車が世界を制覇する。
    21世紀の世界電子開発で無事故・安全自動車の開発が早くなる。エネルギー
    効率の高い、水素社会では脱石油の最前線は近未来自動車の市場になります。
    その国の最先端の総合技術を融合する世界企画デザイン力が問われています。
    また自動車は人は生涯使うわけですから一人一台の時代が来ています。継続性
    の高い商品です。「仁」のこころで価格やガソリン代やメインテナンス料に
    対してポンイント制度を作り、顧客から取るのでなく、ポイントの半分は還元
    して現金化して一元化でプールすれば社会貢献も可能です。子宝資金にもなり
    「カテリーナ」のような台風災害の支援もできます。大地震や大災害に対する
    世界基金にもなります。世界企業の自動車会社は連合して世界貢献が可能です。



    ●日本の豊かな進化こそアジアと世界の経済繁栄と平和を推進する力になります。
    世界NO1の近未来自動車を開発する力は、ロシアや東欧の経済も変えて進化します。
    水素社会を切り拓くのは、ハイブリッド自動車で、脱石油戦略で進化する時です。
    20世紀は石油利権を守るための核爆弾戦略の時代でありましたが、21世紀は
    脱石油戦略で、水素社会の創造の時代であり、戦争とテロを回避すべき時代です。
    脱石油戦略とエコ・公害・安全・安心対策の世界的発明が自動車に要求されます。




    ?トヨタの生産世界第二位。ホンダの小型ジェット飛行機と知能ロボット。ニッ
    サンの開発意欲。三菱のパリ・ダカ優勝。マツダ・スバル・スズキ・ダイハツの
    知能小型車の開発。ふそうや日産ディーゼルの無公害トラック開発などの動きは
    日本の全産業の世界エンジンとしての動きであり、とても、頼もしいと思います。
    ○自動車全部品○世界の紙幣○葉書○送付状等にもICタグが装着され自動管理
    システムが稼動しつつあります。30兆円以上の世界市場に世界規格が必要です。
    世界デフレを克服するのは世界エンジン・日本の総合技術力です。期待できます。



    ?デフレ社会・日本の未来創造の中心は、21世紀型知能自動車の開発です。
    原料市場・生産財市場・消費財市場・活用財市場・知的情報市場の、全ての
    開発の中心に近未来自動車開発をおくことが21世紀の日本戦略に必要です。
    開発技術の全てを総合的に日本国内に保持して技術優位性を高めることです。
    また全製品資源循環再活用世界システムを開発し世界の雇用を高める時です。



    ?人間の基本機能とは、動作機能・知能機能・想像機能の3種類です。全機能を
    日本の知能自動車に活かすことが、21世紀戦略です。人類進化とともに機能進
    化します。人類の歴史は、個人の労働機能が外在化し○機械化○電気化○電子化
    ○自動化○ハイテク化○ナノテク化○バイオ化○エコ化○ゲノム化○インナー化
    ○サイバー化○IT化していきます。21世紀は知能機能がIT化され想像機能
    と意志機能が進化し自動的危機予測と危機回避が可能になります。宇宙通信衛星
    世界ネットとIDセンターで双方向無線通信24時間サポートが可能になります。



    ?総合技術力で日本は知能自動車開発の創造力で21世紀世界をリードします。
    日本は国内戦略技術保持法を制定し全ての技術と技術者を大切に育てる時です。
    自動車には、地球上の生活に必要な全機能を内包させることが成功の秘訣です。
    すなわち世界の人々にも労働の場を創りつつ全技術を内包し活性することです。



    ?21世紀は、利益のリングの形・バランス・比率・量・質・目的が国の経済・
    自動車企業の未来戦略においても、重要な指標になります。21世紀はランニ
    ング利益の設計力が、自動車企業の未来を決めます。21世紀は自動車企業は
    自動車の所有権の移転による利益よりは、活用権による利益を求める時代です。
    イニシヤル利益だけでは社員の給料は上がりません。ランニング利益やメイン
    テナンス利益・ロジステック利益等を365日24時間求める戦略が必要です。
    利益のリングと技術のリング戦略を創り30年計画で世界的技術優位性を創れ。



    ?IT時代にふさわしい個人の基本機能にも着目して、受身動作機能や能動動作
    機能だけでなく、受身知能機能や能動知能機能を支援する新ビジネス・サービス
    モデルを、24時間体制で、世界的に整備することが、生き残る戦略になります。
    また、受身想像機能や能動想像機能も意識的に装備して、危機予測して危機回避
    する意志や、人間と対話したり、人間の意識より未来を予測する力を、自動車に
    整備することが、豊かな人間文化機能社会に、幸福をもたらす新商品になります。
    動作機能・知能機能・意志機能の全てを持ち、意志を持ちながら独自に判断して、
    交通事故回避や自動駐車機能や運転手に自動的に注意する機能を装備する時です。



    ?助手席にパソコン大型液晶画面を整備し、3次元デジタルMAP・日本高
    速道路状況表・英会話・営業支援ソフト・会計支援・原価計算支援ソフト・
    営業秘書機能・タウン状況地図・携帯電話機能・家庭防犯警備等の支援機能
    を満載し、ランニング利益を自動車企業が得られるシステムを創るべきです。
    カーナビや携帯電話や電算機の機能を進化させていくことは重要な戦略です。



    ?自立した国民経済体系からも、健全な産業の環(リング)の形成が、大切です。
    従来の、過去の日本の産業分類のあり方を見直し、利益の環の形成から過去の
    産業群を再分類整理してみれば21世紀の未来産業が見えてきます。イニシヤ
    ル利益は、世界的に下がります。低開発国が世界資本主義に参画し低賃金生産
    体制で生産価格は下がり、自動車の販売価格は下がります。むしろランニング
    利益構造の構築を、国家や世界的自動車企業や中小企業の未来戦略としていく
    ことが21世紀の世界エンジンの中心・日本の基軸戦略として望ましいのです。



    ?利益の環(リング)を意識して構造を整備すれば、強い日本のバランスある
    産業の環(リング)も形成できます。自立した経済国として、技術の高度化も
    はかられ、雇用もさらに充実します。産業構造改革に、痛みをともなうことも
    少なくなり、よりスマートに国全体として雇用のシフトが成功し易くなります。
    この思想は経済政策と21世紀の日本の総合産業政策の基本思想にもなります。



    ?21世紀に日本の自動車メーカーは強い長期利益戦略を構築し、21世紀型
    の近未来自動車を生産し、世界最先端の完全自動・燃料補給無しハイブリッド
    自動車も開発し、水素エンジンや、水エンジンの開発改善も、急ぐべき時です。
    水素社会を21世紀はリードして、燃料電池や水素電池の開発が望ましいです。
    脱石油戦略でイニシヤル利益からランニング利益追求に構造改革すべき時です。



    ●?3次元ナビ・システムと携帯の双方向通信知能パソコン情報支援サービス
    ●?全国の道路自動運転三次元システムと無事故安全運転自動三次元システム
    ●?自動無接点高速道路料金徴収システムと人災事故の危機回避安全システム
    ●?人間の基本機能を満足させる人生の全生活を楽しくする情報支援サービス
    ●?24時間金融情報サービスと教育情報サービスと映画娯楽ゲームサービス
    ●?自動車安全安心保持機能と盗難防止機能と盗難後の24時間追跡サービス
    ●?24時間365日デジタル放送テレビと双方向デジタル情報発信サービス
    ●?今までの走行道路を完全に記憶しての全自動安全運転システム・サービス
    ●?ICタグ活用のTRON型自動運転・全情報記憶対話型知能自動車の開発
    ●?日本全国の高速道路の完全安全無事故ナビ・システムの開発と世界規格化
    ●?自動車の全部品にICタグを装着し全生産・在庫・流通・会計管理の開発
    ●?全自動車と全部品の完全リサイクル活用システムとインバース設計の開発
    ●?日本の全自動車会社で共通感知通信センサーを開発して車同士の自動会話
    ●?前の車と後続車の3台で自動交信し位置・道路事情・危機を相互連絡機能
    ●?高速道路の自動運転機能と各駐車場の事前情報のセンサーと予約使用機能
    ●?道路交通情報システムのETCやVICSで、情報を双方向に展開し活用する機能
    ●?ハイビジョンテレビや音楽・ラジオや電子ナビでの内装をより豪華に充実
    ●?女性用・若者用・老人用で世代別サービスやソフトパワーの高い生活機能
    ●?廃車システムを充実して設計から熟慮された自動車の全部品活用循環機能
    ●?自動車に映像配信して著作権保護と料金課金システムを全国的に整備する
    ●◎日本の自動車に相互危機情報連絡センサーと自動ネットワーク機能が付き
    前の車と後続車と自分の車が自動的に道路情報・危機・位置を相互に連絡する
    ●車と車が自動的に会話し安全運転する自動運転システムを、日本が開発する
    ●道路を歩く子供や老人をセンサーで捉え車が他の車に教え安全自動運転する
    ●航空機を活用し24時間道路監視機構を作り地球上の全ての人物・車・建物・
    道路・自然を自動記録する。事故と犯罪ゼロを目標に日本の車は行動していく
    ●エネルギー最少消費で最大生産の社会では、エンジンのエネルギー効率最大
    の知能自動車を開発する企業が世界を制覇する。知能エンジンを開発する時だ
    ●学生用。独身女性用。婦人用。老人用。大人用。スポーツ用。キャンプ用等
    の多目的な用途の開発や電子社会向けの超ハイテク最先端自動車も売れる時だ
    ●住宅を中心にして定点観測して半径の30キロメートルの全ての道路事情を
    記憶して、自動的に安全運転する知能自動車も、老人社会には望ましいのです
    ●無人化ロボット自動車を開発し世界最高の安全安心無事故自動車を開発せよ
    ●日本の鈴鹿レース場でF1無人化世界競争を毎年開催し世界技術を開発せよ
    ●東京の中・大阪の中・福岡の町の中で無人化自動車の無事故競争を開催せよ
    ●飲酒運転の予防のため手の汗からハンドルの自動センサーで検知し停止する
    ●眼の色・肌の検知・髪毛の検知から健康管理が可能になり事前の病を教える
    ●21世紀には、自動車の運転が音声による完全な対話型の運転が可能になる



    以上33点の機能を世界的衛星自動追跡システム(GPS・ガリレオ)と組み合
    わせて三次元デジタル世界地図を活用して、全ての自動車に機器として最初から
    セットして、顧客が利用した分だけを度数量サービス料として銀行から毎月徴収
    すれば、終身ランニング利益を、日本の全自動車メーカーは得ることができます。
    危機管理・安全・盗難防止・事故防止をIT技術を駆使して事業化することです。
    世界的ネットで整備すれば、終身利益システムは構築でき世界は豊かになります。
    大型ナビシステムにも各地の都市機能が説明され双方向映像通信が期待されます。
    音声通信による自動運転化や身体障害者にとり運転しやすい車も開発すべきです。
    21世紀の世界規格の近未来自動車の開発を促進する税制や規制緩和も必要です。
    自動車への映像配信による著作権保護と料金課金システムも充実させることです。




    ?H2ロケツト打ち上げに、失敗した宇宙事業団も、宇宙戦略100年計画
    を立て、将来には日本独自の宇宙飛行士を300人は育成するという観点
    から、総合的に宇宙飛行の固有技術の系統樹の進化を推進していくべき時
    です。経理や事務の監査だけでなく、技術の進化監査室の設置が必要です。
    自動車から、宇宙技術への総合技術進化プロセスへのシナリオも必要です。
    また、大学の独立行政法人化も進んでいますが総合的な技術進化監査室を
    設けて、大学の中の研究や、業績の評価と、進化の推進の監査も必要です。
    従来の社内監査だけでは、利益監査になりやすく儲からない研究は切り捨
    てるという、結論だけになるからです。技術進化の監査と提言が必要です。
    政府も民間金融機関も、この自動車技術を進化させるべく技術進化戦略を
    総合的に作りアジア全体の工業技術を進化させる戦略作成も急ぐべきです。




    ?日本自動車産業を進化させる時です。21世紀の世界エンジン・日本を
    リードするのは近未来自動車。今こそ10の視点から総合戦略が必要です。


    ?21世紀の豊かな人間文化機能社会の創造。(安全・無事故システムの開発)
    ?一日決算会計主義文化の国際化と創造。(終身ランニング利益の開発と知恵)
    ?知能化・電子化・情報通信化・超ロボット化・女性化・防犯無事故ナビ開発。
    ?固有技術の系統樹の開発と進化の観点から技術進化の技術進化監査力の充実。
    社内の技術水準の監査と国内外の技術進化の方向性と進捗状態監査が必要です。
    従来の経営監査室の枠内では21世紀の技術進化の方向性の監査は出来ません。
    ?国際的で、全国的規模での小さな事故から大規模事故までの記録管理の充実。
    ?安全で安心な超無事故自動車の開発体制。(無事故道路システム開発も含む)
    ?ナノテク技術・ハイテク技術・世界特許活用と製品化と事業化と世界標準化。
    ?利益の環(リング)を生み出す構造と、自動車市場と知能自動車文化の創造。
    ?顧客創造技術・管理技術・社会技術・経営技術の国際化と電子化と情報管理。
    ?国際的経営人材の育成(外国文化と日本文化の融合と21世紀型人材の育成)



    等の総合戦略が必要です。経営者も労組も提携し協力し目標実現に動く時です。
    政府はインフラを整備して税体系・法体系・過剰規制・天下りも見直す時です。
    固有技術の系統樹の進化戦略が、21世紀の日本の全上場企業には、必要です。
    技術進化監査の戦略を、全企業で構築して、世界文明の進化に貢献すべきです。
    政府の構造改革の視点に、ぬけているものは、固有技術の系統樹の進化と問題
    の系統樹進化に合わせての、日本全体の雇用拡大の方向性の戦略シナリオです。
    日本全体の固有技術の総合系統樹の進化が必要です。技術戦略100年戦略を
    立てる時です。先手必勝の時です。先手を打てば沢山の良い雇用が生まれます。




    ?日本のもの作りの原点を考えながら、固有技術の進化の系統樹を作ることが
    自動車業界でも、必要です。日本のあらゆる産業と市場で開発すべきは、この
    固有技術の進化の系統樹なのです。この方向性がないと企業はすぐ倒産します。
    今から28年前には、大阪に本社のある経営コンサルタント会社に勤めている
    3年間の間に、小生は京都を担当して、多くの企業を営業して、訪問しました。
    その時に気がついたことですが、京都の繊維業は、昔からの優れた伝統があり
    300年から600年以上の歴史があることです。京都烏丸通りに面している
    繊維問屋や、染色店や機織機械商社や販売店を訪問して教えて戴いたものです。



    ?繊維業の特色とは、全ての産業の固有技術が総合集大成されていることです。
    農業と蚕の育成技術・蚕から繊維をとる技術・繊維染色する技術・繊維を織る
    技術・着物をデザインする技術・着物を全国に販売する技術等の全ての技術が
    成熟しています。その京都の産業が、自立した市民文化を築く元になるのです。
    これらの固有技術が元になり、戦後の電気産業や、印刷産業や機械産業や電子
    産業や自動販売機産業やハイテク産業に進化しています。人類の衣・食・住の
    産業の中では衣の産業が元になり、その国の固有技術の水準を決めるようです。



    ?繊維産業には、繊細で最先端の固有技術が、必要です。大局観も必要です。
    科学と宗教と芸術は三人の兄弟といわれるように、世界的な超一流の産業が
    完成するには歴史的に長い時間も必要です。固有技術を磨きあげていく組織
    や人材育成の社会技術も必要です。全国のお客を開発していく顧客創造技術
    や販売技術や、お金の管理技術も必要です。固有技術・顧客創造技術・管理
    技術・社会技術の4種の技術をまとめる経営技術と優秀な経営者も必要です。
    産業の開発は必ず人・もの・客・金・情報・組織の質と量の水準を上げます。
    雇用拡大には、農業も含む全産業の固有技術の系統樹の構築進化が必要です。
    日本の雇用拡大には、「固有技術の系統樹の拡大と質量変革」の視点が必要
    です。400万人フリーター問題解決のため産業技術史観の変革も必要です。



    ?世界的に見ても、イギリスの毛織物産業やフランスやイタリアの繊維業の
    歴史から、その国の産業技術の基礎が生まれています。日本のトヨタは繊維
    機械の豊田自動織機から、生まれています。繊維産業が、その国の固有技術
    の生みの母親の産業であることはあきらかです。繊維産業の川上から川下の
    技術体系を系統樹の形で描けば、これらの技術体系を元にして進化し、携帯
    電話・ロボット・自動車・パソコン・医療器械・防犯センサー等を、産み出
    していることに気づきます。21世紀産業といわれるハイ・テク産業やナノ
    ・テク産業も固有技術体系の系統樹の進化の流れに沿いつつ発展していくの
    です。中国・インド・ブラジル・中東でも日本は技術系統樹体系を進化させ
    る視点から30年や100年の長さで考え戦略的に産業文化を育てる事です。



    ?日本から海外へ進出する時も、その国の繊維産業の中心地を調べて、人材
    や固有技術の水準や販売ルート・市場の成熟と進化も調べることが大切です。
    21世紀の世界エンジン・日本の使命は各国の技術の系統樹体系の開発です。
    上下の関係でなく、水平の関係で固有技術の系統樹の体系を進化させること。
    その国に大きな技術文化の木を育てて森にすれば、自立的な国に育つのです。
    21世紀の知能自動車で日本は固有技術の系統樹を開発する視点が大切です。
    21世紀の世界エンジンの日本が世界をリードするよう幸多かれと祈ります。
    全国の自動車会社は失敗データベースも整備し事故や事件が起こらぬように
    全社員と外部専門家や研究者も入れて総合技術進化監査の視点から作ること
    です。全社で電子ベースを作り、タイヤ・部品等の要注意体制を作る時です。
    21世紀最先端の自動車の夢と近未来ゾーンを明確にして、進化する時です。
    今までにないユニークで美しいオリジナルデザインの車は新流行を作ります。



    ●東洋は西洋を西洋は東洋を求めます。そして宇宙的で驚きで自然体のよさは
    21世紀の新世代の人気を呼びます。ブランドとデザインの大格差が必要です。
    世界で日本力といわれる日本の本当の力とは、21世紀のものつくりの力です。
    円高・株高・輸出高・生産高・消費高・雇用高・新製品開発高になる日本です。
    21世紀の夢のような自動車が世界・アジア・日本で、さらに売れる時代です。
    21世紀の自動車技術開発の矛盾問題を再設計する勇気が利益を決めるのです。
    固有技術の矛盾問題を発見し矛盾を再設計すると総合技術は進化していきます。
    強い日本を作る力は自動車会社が15社以上もあるこの日本の総合力からです。
    知能自動車は21世紀の未来を夢見るエネルギーの力が産む世界最高の宝です。
    「ものつくり」に強い日本の創造こそ21世紀の高度成長進化社会を作ります。
    人間機能の声・眼・耳・舌・鼻・身(腕・足)・意志に対応する車が必要です。
    21世紀の高級自動車に木工技術の粋を車内化粧板に実らせると、繁栄します。
    21世紀の無人化安全・安心自動車の世界競争レースを日本から始める時です。
    21世紀の世界の文化の中心は日本です。世界最先端の宇宙開発にも必要です。
    宇宙の全素粒子の機能とかたちとエネルギーの変化こそ宇宙と人類の進化です。
    水素知能自動車の開発こそ、21世紀の主流になる。脱石油戦略で日本は動け。
    エタノール自動車開発世界戦略も日本企業には必要。21世紀の未来は明るい。
    世界最高超先端技術開発力の世界エンジンは日本です。21世紀の中心になる。
    世界の資本戦略家と資本家が技術開発戦略と社会戦略と経営力を見抜く時代だ。
    21世紀の無事故安全安心自動運転可能な自動車を作るのは世界エンジン日本。




    徳尾裕久(とくおひろひさ)TOKUO HIROHISA●水素自動車と子宝基金。

    by 徳尾裕久, 2007/2/7 5:30:01 編集 削除

  • ■「マルクスとケインズを40年間以上も否定する私」徳尾裕久 2007・2・27

    ●戦後60年間の仮想社会と現実社会の「すき間」を考え旧思想の否定が大切です。
    ●マルクスとケインズ思想の否定もできない歌手が機密費で有線音楽で遊ぶ時代だ。
    韓国もアメリカも反共法で誰一人としてマルクスの本も読めず恐怖心で生きている。
    こういうかわいそうな時代を世界は早く卒業すべき時だ。日本はすでに超えている。



    ●人を幸福にする提案や企画こそ、人に喜ばれる真の営業であり、愛ある外交です。
    ●人を不幸にする提案や企画は命を粗末にする軍事機密費の消化の悪意の外交です。
    ●21世紀は脱軍拡・脱石油・脱格差の新しい世界のキーワードを実らすことです。
    ●九州大学の向坂逸郎氏のマルクスの講義も聴き私は40年前から否定しています。
    ●58年間も、私はマルクス思想否定をして心正しく美しく真面目に生きています。
    ●2万人に会い教えていただき、名刺も2万枚持ち深く思索し世界提言しています。
    ●40年間の2万人は世界一の賢明さでマルクス思想否定の私を証明してくれます。



    ●私は40年前からマルクスの資本論を読みマルクス批判と否定を展開しています。
    ●私は40年前の18歳で資本論を読みマルクスもケインズも批判し超えています。
    ●マルクスの本も読まない政治家・軍人には、他人を赤呼ばわりする利権屋が多い。
    ●マルクスは世界新資本主義の反面教師であり貧困差別の因果関係を説明している。
    ●アメリカとイギリスがマルクス批判を国民レベルで哲学批判し否定すべき時です。
    ●世界軍拡より世界軍縮へ。一極化文化より多極化文化が平和を創る力になります。
    ●世界65億人が戦争反対でも1人が賛成すると戦争になる世界システムを変えよ。

    ●イスラエルとレバノンが、戦争をしています。非常に危険です!危険です!
    世界戦争になる予兆がします。大戦争に各国が引きずり込まれないことです。
    安易に戦争に巻き込まれないことが、世界歴史の近未来においては大切です。


    ●軍事産業は戦争品や軍事製品や原爆を売り込むために戦争を長引かせます。
    赤字国債を解消するため危機を意図的に作り戦争を長引かせるようにします。
    通貨が変動し、急激に安くなることを止めるために戦争を長引かせています。
    国内の経済の矛盾問題を、国外で解決する、政治問題のひとつの手段として、
    権力の、権力による、権力のための権力テロが、世界各地で起こっています。
    権力の、権力による、権力のための権力維持のために、戦争が長引くのです。
    この戦争は終わらないのです。終わらない戦争が21世紀に始まっています。
    危険です!うかれる時、ではない!巻き込まれるな!参戦するな!危険です!


    ●この戦争は21世紀初頭から30年・50年・80年以上も長く続きます。
    戦争を起こす国が、戦争を自国の力で、止められなくなる大戦争になります。
    原爆・水爆・中性子爆弾・劣化ウラン爆弾が数千発も落ちる戦争になります。
    戦争屋は多くの国を巻き込んで正当化して政権維持と持続のために利用する。
    ガセネタとウソを意図的に作り国民意識を賛成と反対に二分化し対立させる。
    その対立と敵対の間に権力者ヅラしてバランスをとり、内政の改革をしない。
    こういう為政者の戦争屋を泳がすと、国の通貨は下がり経済は崩れ滅亡する。


    イラク戦争やアフガニスタン戦争のように・・・
    「終わらない戦争」になります。非常に危険です。参戦するな!!!



    ●「新約聖書」の「黙示録」に予言されている「ハルマゲドンの戦い」になります。
    イスラエルの町ハルマゲドンに、水爆・原爆・中性子爆弾が、落ちる夢を見ました。
    あぶないです。すぐに国連で戦争を止めるべきです。対話と交流と和解が大切です。
    軍事拡大に力を入れるより市場と産業の開発と経営の安定こそが人々を豊かにする。
    危機感を意図的に作り、国の経済を疲弊していくより、豊かな国作りこそ大切です。





    ●21世紀には東アジアも世界も平和を創ることです。平和・繁栄・幸福で
    皆が明るい美しい世界新資本主義を創るために私が17年前に書いています。
    40年前からマルクス批判もケインズ批判も書いています。コツコツコツと
    世界が世界新資本主義になるように、私は「三次元軸経営」を書いています。
    必ずお役に立ちます。皆様に見ていただくよう1000円で販売しています。
    もう5000冊ぐらいも、販売されています。良い本です。皆様に好評です。



    ●21世紀の世界の倫理観が中心になる21世紀の道徳経済学が必要です。
    古いマルクス主義やケインズ主義を超えた世界政治経済の理念が大切です。
    21世紀の世界新資本主義の創造のための本です。必ずご参考になります。
    心に時間軸・空間軸・人間軸の3軸を作り、進化し想い創造することです。



    ●私は40年前の18歳で資本論を読みマルクスもケインズも批判し超えています。
    21世紀の日本には、光輝く豊かな文明が生まれている。日本文化が世界を変える。
    21世紀は世界軍縮の時代。世界軍拡で軍部が暴走するとテロと戦争の時代になる。
    軍部が暴走してウソの噂の宣伝と軍事費予算拡大に執着すると、世界は戦争になる。
    いたずらに対立と敵対の意識をあおると大衆は暴走して国の崩壊を招く。自戒せよ。
    核の分散・宇宙開発の世界参加・戦争兵器のロボット化・軍産利権構造に注意せよ。



    ●人は、神から生まれて、神の中で生き、神に還る永遠の霊性です。輪廻転生します。
    人は皆、人のかたちをした永遠の仏性の光であり、永遠の聖霊です。これが真理です。
    自尊心が高く自尊感情の高い人は宇宙創造主が命が与え永遠に愛することを知ります。



    ●世界には、マルクス主義やケインズ主義の否定も出来ない人が、60億人はいます。
    世界が敵対や対立というウソの世界に執着することなく、21世紀に進化するために
    ここに書いておきます。外国軍事利権が、日本を異常に管理過剰していることも否定
    します。売国奴のような思想は必要ない。日本はこの2つの思想を皆、超えています。



    ●宇宙の創造主である神は人類がお互いに殺すためにこの世に命を与えたのではない。
    神は全人類が協調して仲良く共存するためにこそ、この世の生を人々に与えたのです。
    全人類は神の未来の意志に気づき、世界の歴史を平和・繁栄・幸福に進化すべきです。
    だからこそ、21世紀は世界軍拡の時代ではなくて、世界軍縮へ進化していく時です。
    世界中の軍人は今の10分の1でいいのです。ウソをついて人殺しする時代ではない。
    他人に対しスパイだといい、ウソのレッテルをつけて税金でただ飯を食う必要はない。
    なにも生産せずに、ただひたすらに税金を消費する軍隊は世界中に取り悪害なのです。
    世界からテロや紛争や戦争を少なくして、軍人が活躍する場をなくすことが政治です。
    20世紀は革命と戦争の時代。21世紀はテロと戦争の時代です。権力による、権力
    のための、権力のテロも横行しています。国の権力を世界監視すべき危険な時代です。



    ●ベトナム戦争の後にアメリカは徴兵制度を廃止した。その後に、マイクロ
    ソフト社を創る天才のビル・げーツが10歳から35歳まで徹夜でパソコン
    を研究して、人類史に残るようなパソコンのウインドウを発明した。これは
    徴兵制度の廃止が産み出した偉大なる才能である。世界が記憶すべきことだ。
    すなわち、いたずらに敵対意識を作り若者を戦争に送ると国は崩壊するのだ。
    むしろ、徴兵制度を廃止すると世界的な発明・発見が無限に現れるのである。
    世界を進化させよう。ムダな戦争や紛争や争いごとに若者をだまして送るな。
    21世紀には世界の200国で徴兵制度を廃止すべきだ。世界軍縮が必要だ。
    21世紀は世界軍縮の時代です。過剰なる危機感の世界で和解の力が大切だ。
    力の政治ではなくて慈愛の政治の時代です。対話と文化の融合と交流が大切。
    人間の交流と対話と集団的な国と国の和解の力と文化力が21世紀は大切だ。
    世界はマルクス主義と資本主義の対立ではなく世界新資本主義に進化します。



    ●マルクスの資本論が書かれた後でエジソンは電灯を発明している。現代の
    電気電子の世界を考えるとマルクス経済学が対応できないことはすぐわかる。
    所有権の価値循環を解説する思想だ。活用権から生まれるランニング利益や
    リサイクル利益の循環構造を述べない古い思想だ。マルクス思想は間違いだ。



    ●歴史の基軸が進化している。ベルリンの壁が1990年に壊れて16年目
    である。マルクス主義を世界は否定している。私がマルクス主義を否定して
    40年目だ。対立意識がないと軍隊を維持できないという理由で大きな軍隊
    にかぎり危機意識を作り出すものだ。その危機感を創る時にマルクス主義が
    記号として利用されている。マルクスが資本論を書いた後でエジソンは電灯
    を発明している。マルクス主義は電気時代の経済学ではない。そういう遅れ
    た経済学がどうして国の経済学になるのか。なるわけがない。小学生でもわ
    かることだ。軍隊を維持するためにロシアとアメリカの対立を利用したよう
    に、現代でもありもしないマルクス主義と資本主義の対立というウソをばら
    まく軍隊を軍縮すべきである。日本海にいたずらな危機感を作る時ではない。
    世界軍縮100年フォーラム運動を世界的に展開すべき21世紀の時である。



    ●アメリカ軍は、日本思想の動きを理解せず意識的に敵対意識を作るようだ。
    アメリカと韓国はマルクス主義を否定する反共法があり誰も読んではいない。
    誰も読んでいない精神的弱さが世界思想認識に重大な誤りをもたらしている。
    共産主義者だと、ウソのレッテルを妄想でつけて人権侵害を平気でしている。
    血の臭いがする軍隊が超幼稚化して妄想集団になり珍奇な遊びに興じている。
    平気で日本の血税を使い妄想で対立を作文してこうもりのような動きをする。
    知の体系をもたない幼稚な集団が妄想で動く時に人権侵害をする。注意せよ!
    血の臭いがする宗教団体屋は軍人に献金し選挙運動屋になり人権を侵害する。
    21世紀の普遍的な美しい宗教心こそ宗教の対立を超えて日本を進化させる。
    世界の特許の半分は日本から生まれている。神は全てに内在する。という教
    えが真理だからこそ、自由に豊かに発明や発見が日本から生まれているのだ。



    ●アメリカ軍隊は、左翼撲滅活動の予算をとり正当化しながら日本を幼稚化
    しつつ、共産主義と資本主義の単細胞な対立軸の中で歴史を退行化している。
    有線放送やFM放送で流される汚い音楽の下品な言葉は日本文化を汚している。
    日本政府はこういう幼稚な極悪暴力を禁止し逮捕し裁判で裁き収監すべきだ。
    在日アメリカ軍は海外移転して3分の一に縮小しアジア平和機構を作る時だ。
    マルクス主義を否定できずに仮想敵作りの作文を世界は見抜くべき時である。



    ●アメリカ国務省と国防省は日本の3団体を非合法指定している。日本共産
    党と赤軍派とオウム宗教の3つは、非合法団体にしている。入国も禁止して
    いる。実はこの禁止団体の名称を使いながら、ウソのレッテルを張りつけれ
    ば、アメリカ人や軍人やOBはアメリカの国務省や国防省から予算がおりるの
    である。ウソをついてただ飯が食える世界があるのだ。だから要注意なのだ。
    過剰に危機を作文で作り、マッチ・ポンプのように戦わせて飯が食えるのだ。
    わけの分からない音楽や危機の作文の音楽を作り、異常なる危機感を高める
    戦争のやり方を、東アジアや日本に持ち込もうとしているのが米軍の動きだ。
    横須賀に米軍の陸軍司令部が来ること自体に疑問を持つべきだ。日本の歴史
    や文化や国の主権は日本が守るもの。アメリカはアメリカ本土を守ればいい。
    へらへらと日本の防衛権を過小評価してアメリカ依存が高いと事件は起こる。
    日本民族の感情と思想文化をあなどると外国軍隊の日本侵略は要注意なのだ。
    世界軍拡から世界軍縮へと21世紀の世界の文化は進化せねばならないのだ。
    そこにこそ、日本文化の力と日本の政治と経済の未来の役割はあるといえる。



    ●21世紀の課題は旧共産主義国をいかに世界新資本主義に進化させるかだ。
    そのような歴史の進化の観点からアメリカのマルクス理論否定と意識改革を
    強力に進めないと、アメリカはいつまでも暴力的対応で幼稚化し退行化する。
    マルクス主義否定を理論的に出来る者は、強く世界の人々を教育すべき時だ。
    21世紀は世界教育の時代だ。普遍的な世界の平和思想が世界をリードする。
    いたずらに、戦争の準備のように戦争の小道具を見せびらかす時代ではない。
    21世紀の豊かな世界市民の幸福を創る高邁な理想と、夢の実現に動く時だ。



    ●単年度会計による政府の予算制度では公安関係者や軍隊関係者による事件
    やテロや爆発事件は例年11月と12月に多い。予算を消化するためである。
    要注意である。戦後60年を分析すれば、多くの権力犯罪が日本の民主主義
    を内側から自壊させている。極悪犯罪者を調べてみれば公務員という事例が
    実に多い。この時期の犯人は捕まえていないのが実態である。深く調査せよ。
    公務員達が、単年度会計の犠牲者になっている。民間企業では考えられない
    未熟な会計である。また公務員達が、内側から変えようとしない制度である。
    むしろ、その単年度会計を逆利用して、ただ飯を食べるために温存している。
    実に汚い官僚制度と単年度会計である。機密費の公開もしない不透明主義が
    日本の進化を止め日本を世界の笑い者に仕立て上げている政府関係者もいる。



    ●21世紀の今でもある軍人屋や宗教屋に限り、マルクスの本も読まない人
    ほど、他人にマルキスト呼ばわりして、殺人やいじめや暴力を正当化する人
    がいます。マルクスもケインズも間違いです。まじめに古典を読んで否定し
    て反論することが大切です。小生は、18歳から40年間も否定しています。
    イギリスやアメリカで、まじめにこれらの思想の否定がおこなわれないから
    世界は実に無駄な軍備拡張や核爆弾装備や兵隊の徴兵を行い、ムダな歴史を
    すごしています。21世紀は思想としても否定することが平和への早道です。
    邪は邪に還る。聖は聖に還る。軍事での圧殺より思想の否定批判が大切です。



    ●2006年の現代でもアメリカの音楽には「マルクス主義者や赤軍」とい
    う表現が出てきます。古いロシアの軍隊に対する対抗として形成されたアメ
    リカ軍の古い思想で「マルクス主義者対自由主義者」と二元論に落とし込む
    考えがあります。また、日本の思想や外国の思想でも、この単純な二元論で
    時の政権や政策に反する言論や行為に対して、対立軸として、その領域に落
    とし込むシナリオとして「マルキスト」という言葉を利用するものです。む
    しろ「マルキスト」がいるから軍備拡大と軍事予算肥大に利用もするのです。
    軍事予算拡大のために「マルキストの脅威」と利用する言葉でもあるのです。
    国民に危機意識を与え大衆意識を管理するために危機管理に利用するのです。
    そういう嘘のシナリオに利用される言葉として今後も十分な注意が必要です。



    ●21世紀の現代でも、古いマルクス主義の思想を大切に信じる人がいます。
    利益の分配尺度は労働時間の長さではないのです。長く働くから給料が高い
    という考えは間違いです。顧客満足度が高いから給料は高いという成果主義
    や能力主義に思想を大きく変える時です。また、ケインズ主義の思想で国の
    経営は財政赤字になりやすいのです。世界各国の指導者が実は悩んでいます。
    解決策は市場の最前線にあります。世界経済政策の独創的な創造が必要です。
    古い教科書に固執せずに、新しい問題解決の独創と叡智が求められています。



    ●古いケインズ主義や社会主義や共産主義を超えて、21世紀は豊かな人間文化
    機能社会をめざすべきです。市民が主役の幸福創造社会・日本をめざすべきです。
    新思想に期待します。清潔政治で強い日本と日本人を創ることが日本の使命です。
    21世紀のテロの原因は貧困と経済格差から生まれています。大土地所有制度か
    ら貧富の格差は大きくなります。教育の格差や経済の格差も世界歴史を振り返り
    多くの知恵者の教訓と英知に学び、世界市民の高等教育と経済の安定が必要です。



    ■ケインズ主義否定


    ケインズの有効需要政策は公共事業や減税で赤字財政も辞せず政府支出を
    増やし有効需要を創り、景気回復を図る政策ですが、限界を示しています。
    日本の構造改革の推進にはケインズ政策への反省と批判と否定が必要です。



    ?国の政策は賢明にして公正な人々により司さどられるという前提のもとに、
    国家に不況時の赤字財政を許しても厳正に運用されるはずだと考えています。
    現実は人気取りために財政が動き利権政治のバラマキ政策が横行するのです。



    ?減税・増税・支出の増大・縮小も可能だという前提で、理論は出来ています。
    現実には減税は可能でも増税はできず、支出増大は容易でも削減は難しいとい
    う財政の非対称性が現れたのです。ケインズは不景気に赤字財政を、好景気に
    黒字財政を行い景気循環をなだらかにし長期的に均衡を保てると考えましたが、
    現実は、不景気も好景気も黒字財政は困難で、財政赤字が年々累積するのです。



    ?ある国だけがケインズ政策で景気拡大すると、その国の国際収支は大赤字に
    なります(アメリカの現状)。その為に紙幣を増刷し24時間金融株式市場を
    独占し、ドル高政策を維持し世界中のお金がアメリカに集中する政策を意図的
    に採用します。敵対・対立意識を作り軍事産業を独占し、優位性を維持します。



    ?公共事業の乗数効果が、著しく低下しています。高度成長の時には国が1億
    使えば、国内生産は3億円増え、乗数効果は3でしたが、今日では1.2から
    1.6です。公共事業は設備投資にはつながらず、単なる在庫買い上げ機能と
    なり地元建設業者と癒着し、利権政治が横行します。減税による可処分所得が
    増えたとしても大部分が貯蓄に回り、高度成長のように消費需要は増えません。



    ?労働の流動性の喪失も問題です。失業者達は、建設労働者になるよりは失業
    手当を取る道を、選びます。増税と規制過剰で、自由な民間経済が小さくなり、
    高コスト構造の官僚経済が大きくなり、お金が自由に回らず、国全体の消費が
    冷えます。消費が減ると、市場の物価は下がり、土地も労働も商品も、価格は
    下がり、デフレ現象がより進行して、国内経済は、停滞することになるのです。



    ?公共工事による、文化・スポーツ・ホール・歴史館・美術館の利用効率が悪く、
    維持管理費が高く、自治体の荷物です。ダムや灌漑設備・農業道路・空港という
    ムダが増え、官僚の天下り職場に変わり、単年度会計の制度が悪用されています。



    ?ケインズの頃は世界の為替は固定相場制でしたが、現代では、変動相場制です。
    ドル・ユーロ・円を中心に為替動向は変化します。ベルリンの壁が崩壊し、共産
    主義国家の崩壊で、世界は、世界新資本主義に移行しています。低開発国の通貨
    価値は低く抑えられ、先進国は格差を意図的に作り、変動相場を維持しています。
    世界的G8の国際会議や、世界経済の指導セクターが調整機能を果たしています。



    ■マルクス主義(社会主義・共産主義)否定



    21世紀の世界・アジア・日本において新しい思想への変革が必要です。
    小生はマルクスの「資本論」はドイツ語の原典も読み。日本語版も3回も
    読み。すでに、18歳から40年以上も、マルクス主義否定をしています。
    マルクス主義の否定は次の8項目で十分です。日本人は皆理解しています。



    ?利益の分配尺度は労働時間の長さではない。労働時間に比例しないのです。
    ?利益は組織運営維持費としての後払い費用です。再生産に利益は必要です。
    ?歴史は土地の所有形態よりも、活用形態のありかたで進化を規定できます。
    ?弁証法の論理よりも、因果関係は機能の連鎖的環で説明する方が自然です。
    ?唯心論と唯物論を対立させる哲学より、むしろ融合した哲学こそ真理です。
    ?資本と労働の対立よりも、投入と産出の関係を示す価値を高めるためには
    投入エネルギーと産出連鎖価値の関係が、歴史を進化させる大切な要因です。

    ( 20世紀は資本と労働の対立で戦争と革命の時代でしたが、21世紀は
    世界的に政・官・業の利権構造と市民の対立と調整の時代に変化しています。)

    ?貴族や大地主や国家による大土地所有制度の集団農業は、全て失敗します。
    コルフォーズやソフォーズや人民公社でも、農地解放して、自作農を育成し
    小農経営に変えていかないと、豊かな中間市民層と自由市場は、育ちません。
    ?中央の政治家や官僚や独裁による政治・経済・軍事の集中化は官僚肥大に
    なり、世界競争に負けて、人・物・金の自由な循環や価値や国力を下げます。



    ●いたづらに敵対・対立・憎悪関係を維持して軍事競争拡大や軍事費予算拡大を
    はかるという手段に、いつまでも執着すれば、世界は戦争への道を選ぶでしょう。
    需要と供給の関係から、世界軍事産業は拡大して宇宙安保の競争に進んでいます。
    歴史的な平和思想の強い日本が、必要です。世界的に、平和意識を高める時です。
    今こそ、国連も日本も、恒久的な、世界平和の構築のために、キューバ・北朝鮮・
    中国・ベトナム・イラク・イラン・中央アジア・中近東・アフリカに、対しても、
    歴史認識を踏まえて、対立を超えた、世界平和思想の展開をすすめるべき時です。
    敵対関係を維持して、過剰なる軍事産業だけの利権を肥やす、単独の独善主義は
    世界的にも歴史的にも、許されない思想です。古臭い意識で固執しないことです。
    21世紀の進化の法則を、歴史的に把握して、勇気を持ち切り拓く大事な時です。



    ●マルクス主義と自由主義の対立時代ではない。人間幸福文化機能主義を中心にし
    た平和な世界を創る21世紀である。各国の軍隊を維持するための仮想敵の作文の
    ためや軍事予算の拡大や軍産構造の肥大化のためにウソや盗聴をする時代ではない。
    価値を生まない軍隊や軍人を縮小する軍縮思想が必要です。21世紀の新しい価値
    を豊かに生んでもの作りの文化やソフトや本物の衣食住を作る人と思想が大切です。
    軍隊や軍人を増やすと税金の浪費になり新発明や新商品は出なくなり国は自壊する。



    徳尾裕久(とくおひろひさ)TOKUO HIROHISA

    ●21世紀の日本には、光輝く豊かな文明が生まれている。日本文化が世界を変える。
    ●21世紀は世界軍縮の時代。世界軍拡で軍部が暴走するとテロと戦争の時代になる。
    ●軍部が暴走してウソの噂の宣伝と軍事費予算拡大に執着すると、世界は戦争になる。
    ●いたずらに対立と敵対の意識をあおると大衆は暴走して国の崩壊を招く。自戒せよ。
    ●危機管理の名目で危機を権力が作り国民の意識を管理するという政治手法が増える。
    ●権力者による権力者のための権力者のテロが21世紀に横行する。要注意の時代だ。
    ●21世紀はテロと戦争の時代。世界軍縮と世界各国の徴兵制度の廃止の世紀にせよ。
    ●イスラエルとレバノンの戦争は即中止!多国を巻き込もうとしている。参戦するな。
    ●日本は独立国である。安易に他国の力に頼らず独立心ある対話の哲学で外交すべし。
    ●アメリカ予算49%は軍事費で異常な危機感をあおる国で歴史の進化を止めている。
    ●私は40年前からマルクスの資本論を読み、マルクス批判と否定を展開しています。
    ●世界軍拡より世界軍縮へ。一極化文化より多極化文化が、平和を創る力になります。
    ●人を幸福にする提案や企画こそ、人に喜ばれる、真の営業であり、愛ある外交です。
    ●人を不幸にする提案や企画は、命を粗末にする軍事機密費の消化の悪意の外交です。
    ●21世紀は、脱軍拡・脱石油・脱格差の新しい世界のキーワードを実らすことです。
    ●九州大学の向坂逸郎氏のマルクスの講義も聴き、私は40年前から否定しています。
    ●57年間も、私はマルクス思想否定をして、心正しく美しく真面目に生きています。
    ●2万人に会い教えていただき、名刺も2万枚持ち、深く思索し世界提言しています。
    ●40年間の2万人は、世界一の賢明さでマルクス思想否定の私を証明してくれます。
    ●アメリカも韓国も「反共法」がありマルクス・レーニンの本は誰も読めない国です。
    ●国家権力が、思想本は読むな!あの本は読むな!と国民を低脳化すると国は乱れる。

    by 徳尾裕久, 2007/2/28 9:05:51 編集 削除

おおもとの投稿に賛成の返信は、反対の返信はで表示しています。

記事の一覧に戻る

このページについて