SCImates α2は機能を停止しています。

SCI(サイ)

充実・オススメコンテンツ

立花ゼミ生が年度をまたいで追った「核融合のこれまでとこれから」。関係諸機関のご協力とご厚意により、東京大学の第80回五月祭で特別講演・討論企画が実現しました。
東京大学化学生命工学科の多比良教授と川崎助手が、それぞれ監督責任と研究の信憑性の問題で懲戒免職されました。立花ゼミでは12月初旬に多比良先生へ同問題についてインタビューを行っていました。そこで、取り急ぎ研究捏造問題のページを公開しました。内容は今後、随時更新していきます。なお、今回の問題について話し合える掲示板も設置しましたのでご利用ください。
昨年11月に放映されて、多くのブログで言及され、追加番組が何個も作られたり海外から賞を受けるなど大きな反響を呼んだNHKスペシャル「サイボーグ技術が人類を変える」。この企画のページでは、番組に収まりきらなかった取材記録や、ゼミ生が独自に調べて作り上げたリンク集を「補遺」として掲載しています。
今、生命科学の分野ではnon-coding RNA研究が爆発的に進んでいます。その象徴が06年のノーベル生理・医学賞を受賞した「RNA干渉」です。この企画ではホットなRNA研究の最先端で活躍されている研究者をゼミ生が取材した記事を掲載しています。
これまでSCI(サイ)運営を担ってきながら表に出ることの少なかったゼミ生に、ゼミ生自身が取材する企画です。

お知らせ

07/03/16セキュリティを強化したため、全ての人がいったんログアウトされます。再度パスワードを入力してログインしてください。パスワードを忘れた方は、登録してあるメールアドレスからinfo@sci.gr.jp宛てにご連絡ください。
06/12/30トラックバックのバグを直しました。これまでに受け付けたトラックバックは日付が全ておかしくなっていました、申し訳ありません。
06/12/19掲示板をはじめとして、システムの微調整を続けています。全てのページの下に「はてなブックマーク」へのリンクを追加しました。他にどんな人がSCI(サイ)のページを見ているのか分かります。
06/12/8SCI(サイ)のデザインとシステムを新しくしました。さっぱり綺麗に生まれ変わったSCI(サイ)を、これまで以上に、よろしくお願いします!
06/11/3本日午後10時から、NHK総合で「立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える」が再放送されます。昨年ゼミで補遺として制作したWebページが旧SCI(サイ)で公開されていますので、是非ご覧ください。
なお、リンク集がサーバ移転や改装の影響で表示されなくなっていますが、修正して近日中に公開する予定です。お待ちください。
06/10/102006年度冬学期、東京大学の全学自由研究ゼミナール「『科学メディアサイト』を運営しよう!」(担当教員: 松田良一)を受講希望される方は、携帯電話用の企画紹介ページをご覧ください。

SCImates α2

最近の更新

07/08/18
告知
立花ゼミ×Production I.G
INNOCENCEに見る近未来科学
トップページ
07/04/08
記事の執筆
RNA研究の最前線
レクチャー第二回 第3回
07/04/01
記事の執筆
RNA研究の最前線
レクチャー第二回 第2回
07/03/25
記事の執筆
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
トップページ
07/03/25
記事の執筆
RNA研究の最前線
レクチャー第二回 第1回
07/03/22
記事の執筆
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
トップページ
07/03/21
記事の執筆
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
当日の写真
07/03/21
告知
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
トップページ
07/03/21
記事の執筆
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
先取り: 高部英明「レーザー核融合から新しい宇宙物理学の誕生へ」
07/03/21
記事の執筆
第3回 自然科学研究機構シンポジウム
宇宙の核融合・地上の核融合
先取り: 柳長門「核融合、そして、地球のための超伝導技術」

SCI(サイ)について

SCI(サイ)は、「サイエンスの、最先端を」をスローガンに、科学の最先端で起きていることを分かりやすくお伝えするWebサイトです。'05年度に始まった立花隆ゼミがお届けします。

ページ上部のメニューから好みのカテゴリーを選ぶか、充実・オススメコンテンツ一覧から気になるものをクリックすると、記事を読むことができます。

ゼミについてはサイト情報を、ゼミ生についてはゼミ生取材企画ブログをご覧下さい。

東京電力
SCI(サイ)が動いているサーバを維持するため、東京電力の支援を受けています。
CMS as HybrId-system with Pluggable PIEces
SCI(サイ)のシステムとデザインは全て立花ゼミ生の手作りです。
Valid XHTML 1.1 Valid CSS!
Web標準に極力気を使いながらXHTMLでコーディングしています。

06年12月上旬まで旧システムにあったコンテンツは、全て新システムに移行されています。お探しのコンテンツが見つからない場合は、移行の概要ページで確認されるか、サイトマップをご覧ください。